ある日突然、WordPressにログインできなくなることがあります。サイトで儲ける人にとっては深刻な問題です。そんな時にはこの記事を読んで解決してください。

ログインできない理由の一番多くの理由は、 WordPressの管理画面の「一般設定」で、 WordPressアドレス(URL) と サイトアドレス(URL) を同じにしてしまったことがある。この場合はアドレスを書き換えないとログインできない。この場合は、wp-config.phpに下記のように記載することでログインできます。(AAAAは WordPressアドレス(URL) )
 define( ‘WP_SITEURL’, ‘http://AAAA’ );
 define( ‘WP_HOME’, ‘http://AAAA’ );

ログインできても、一般設定のWordPressアドレスとサイトアドレスがグレーアウトしていて変更できない場合があります。今後変更しないのであれば、このままでOKですが、変更したい場合は、上記のように記載するのでなく、wp-config.phpの最後に下記を記載しましょう!
define( ‘RELOCATE’, true );
※ ‘WP_SITEURL’と’WP_HOME’は不要
ログインして、一般設定のWordPressアドレスとサイトアドレスを正しいものに修正しましょう。

また、WordPressアドレス(URL) に間違いがないのに、入れないケースがあった。「WP Super Cache」による「.htaccess」のファイルの記述に問題がある場合がある。これの対処方法としては、「.htaccess」を無効にすることで、ログインはできるようになる。無効の仕方は、ファイル名を「.htaccess」から「htaccess.txt」に変更することでログインできる。

「WP Super Cache」は便利であるが、処理をせずに事前にもっている結果を表示するようなものなので、不都合が発生するケースがあります。変更したのに反映されないなど、何かおかしなことが発生したら、「WP Super Cache」を削除して確認してみるのも良いかもしれません。